セレナイト メニュー

がんになった方のそばにいるお友達へ・・・

うれしかった言葉

治療が終わってから何を一緒にするか話してくれることは希望になります。
「美味しいものたくさん食べようね。」
「ハワイ行って豪遊しよう。」
「温泉行こう。」
「今年はこんなファッション流行るから見に行こう。」
具体的に話してくれるとウキウキして元気になろうと思います。

お見舞いに来てくれた友人が次の日からしばらく毎日葉書を送ってくれました。
少ない言葉だけど付いていてくれる人がいると思えてとても心強かったです。
看護師さんも毎日の葉書には感心していました。
本当にありがたかったです。
IMG_0408

お見舞いでうれしかったもの

お水

薬を飲むのに水が要ります。
でも買いに行くのが億劫だったり辛かったりします。

パジャマ・ネグリジェ

病院内でもおしゃれを意識したいのでうれしかった。
手術後はしばらくドレーンをつけているのでネグリジェはありがたかった。
(なかなか売っていないので可愛いものを頂くとうれしい)

スリッパ

すぐに汚れるので消耗品。
特に入院が長引いたときにいただくとうれしい。
ただし、裏地が布だと水を吸うのでできればゴム素材などがありがたい。

靴下

病室でも足元が冷えたりするのでもこもこ靴下はうれしい。
10156159_1478737389009694_2164353286885617622_n

ショール、ストール、はおり物

検査や、歩行訓練、売店に行くときなどとても重宝します。
お見舞いに頂いた軽い素材の上着です。

10247418_1478737402343026_6853683737781970572_n

帽子

抗がん剤治療がはじまると脱毛がはじまります。
病院で購入したものは患者さん用で実用的ではあるけれど普段の生活ではかぶれないので
おしゃれなものを頂くとありがたかった。
会社に復帰した時にみんなが色んなデザインや素材、色のものをプレゼントしてくれました。私のことを考えて探してくれたと思うととてもうれしかったです。

10273625_1478737425676357_869049592284746642_n

タオル

タオルは必需品です。
髪の毛が抜ける時に枕カバーにしたり、布団の襟元に置いたりします。
ベッドの横にかけて自分のスペースを居心地よく作ったりと色んな場面で重宝します。

化粧品

抗がん剤治療をはじめると握力がなくなり化粧品のキャップも開けられなくなります。
そのことを話すと友人が化粧水や乳液をポンプ式のボトルに入れ替えてきてくれました。
プッシュするだけなので力もいらずとても助かりました。
また、病院の中はとても乾燥しています。保湿クリームやボディクリーム、ハンドクリームはうれしいです。
10151189_1478737655676334_5807166184876494381_n

お見舞い金

リアルですが本当に助かります。
病院にいるだけですがお金の出番は結構あります。
売店で使えるクオカードやテレビカード、洗濯カードもうれしいです。
退院していくお友達にクオカードとテレビカードを頂いたことがありますが
患者同士だからこそわかってのお見舞いだったと思います。

 

NGなもの

お花

本当はうれしいのですが、抗がん剤治療中は匂いに敏感になっていたり
他の患者さんのことを考えると迷惑をかけることもあるのでまずは聞いてください。
DN123_L

食べ物

食事制限があったり、抗がん剤治療中は食べたいものが決まっていたりします。
これも具体的にリクエストを聞いてもらえるとうれしいです。
私は普段食べないチョコレートケーキが無性に食べたくなったり
抗がん剤治療中はタバスコや唐辛子、堅焼きせんべいや飴玉をお願いしていました。
フルーツや冷蔵保存が必要なものはちょっと困りました。
病院の冷蔵庫はとても小さくすぐにパンパンになってしまいます。
カットフルーツや小さなゼリーなら大丈夫かな?
SW088_L

セレナイト|がんでも美しく輝く女性でありたい。 ビューティサロン“セレナイト”
〒104-0045 東京都中央区築地2-14-6 LXS築地301
築地駅から徒歩1分・東銀座から徒歩5分・
銀座から徒歩10分
Tel.03-3542-5530
営業時間 11:00〜20:00 不定休・要予約