セレナイト メニュー

なんとなく、ホワッと、思い出したので・・・

「会いたいよぉ〜」ってお電話。

ワタシよりもだいぶ年上の方からです。

入院中に出会った方。

手術前にはじめてお会いした時は上品でもの静かでステキな女性だなあと思ったのが第一印象。

手術後には少しお茶目で甘えん坊で可愛い女性だなぁと。

 

術後にストーマを付ける事がわかり、その時の動揺はワタシにも強く伝わってきました。

遠いところにお住まいなのでその後は電話やお手紙でのやり取りがはじまりました。

いざ自宅に戻り、息子さんとの生活の中で自分の変わってしまった状況と、異性である息子に対してもお願いしづらい事も色々あったようです。

あまり泣き言を言わない方が、電話でこの言葉を出した時には、なんて言っていいのか、不覚にも泣いてしまいました。

でも泣き声を悟られないように、

「GWになったら会えるかな?」

「いつも電話で話しましょうね。」

苦しいのは十分にわかった。

 

いつも褒めてくれて後押ししてくれて、元気をくださった。

 

ワタシは自分の経験はわかるけれど、経験した事の無い事はわからない。

乳がんの事も、肺がんの事も、大腸がんの事も。

だからストーマの大変さもわからない。

同調出来ない。しない。

だまって聞く事しか出来ない。

本で読んだ事を口から出す事をしないように心がけている。

医療者じゃないから言ってはいけないと思うし。

ただ寄り添いたい。

言ってくれる事で少しでも重い荷物を下ろせるのなら、

一瞬でも一息つけるのなら聞いていたい。

 

だけどこの方とお別れしてからは少し自分の考えを変えることにした。

直接お会いしてお話しを聞く事はあってもお電話で、メールでは、少し控えるようにしようと。

表情がわかるからこそ伝わる事もあると思う。

同じ経験をした中にも更にお互いの経験は違うのだから、とてもデリケートな部分を声や文字で伝えあうことはとても難しく切ない事だと思ったから。

 

お嬢さんがお見えになってお話しをした。

電話の事を話したらとても驚かれていた。

いつも厳しく気丈な母がだいぶ年下の、それも数回しかあった事の無い人にそんな事を言っていたなんて・・・と。

だけどそれは仕方ないし当然の事。

家族だから言えない事。

同じ経験をしたものにしか話せない事。

そしてワタシは赤の他人。

凄く幸せで凄く苦しい時を経験しました。

セレナイトをはじめて暫くしてからの事だけどなんとなく懐かしくなりました。

せつこさん、そちらの生活には慣れましたか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セレナイト|がんでも美しく輝く女性でありたい。 ビューティサロン“セレナイト”
070-6579-9901(予約専用)
営業時間 9:00〜19:00 不定休・要予約