セレナイト メニュー

私達について

サロン

セレナイトとは?

「がんを経験し、がんと闘う人をたすける」

がんと診断されて治療と向き合いながらも女性として起こる様々な問題。
肌の変化や見た目の変化、体の変化など。
そしてそれと同時におきる大きな不安や行き場の無い恐怖。
家族にも友人にも言えない悩みもうちあけられる第三者の立場として、同じ経験をしたからこそ分かち合い、がんでも輝ける毎日になるよう寄り添います。

Celenite(セレナイト)は、がんと闘う女性(がん治療経験者)が立ち上げたポジティブに美しく生活する女性の為のプロジェクトです。

さまざまな環境や立場からの影響で少しだけくじけそうになっても「女性であること」「私らしくあること」をあきらめたくない。そんな方のお手伝いをしたいと思ってこのサロンを開きました。

長年の経験と多くの知識によるカウンセリングのもとにケアを行いますので、ご自身のこれまでの振り返り、これからの生活のヒントになるようアドバイスさせて頂きます。

手を使い触れられることで、疲れた気持ちがほぐれ、心とからだのバランスを取り、リラックスできる時間と空間を提供致します。

『今』の肌を知り、『これから』の美しさを一緒に作り上げていくオーダーメイドプランと、オールハンドのトータルケアによるきれいになりたい大人の女性のためのプライベートビューティサロンです。

CELENITE(セレナイト)とは、ギリシャ語で「月」を意味する「セレネ」から名付けられたとされる石からとっており、その石は穏やかに心を清め、天上の癒しをもたらすと言われています。

自己紹介

さとう桜子

美容ライフアドバイザー・エステティシャン
コスメコンシェルジュ・SCCS認定ソシオエステティシャン

こんにちはさとう桜子と申します。

私はメイクアップアーティストからこの世界に入り美容業界歴は30年になります。
国内外の大手化粧品メーカーにて社内教育やサロンでのスタッフトレーニングなどに励んできました。2011年に初期の子宮体がんと診断されて手術を受け、その後リンパへの転移がみつかり1ヶ月後に再手術しました。
更に約半年間の抗がん剤治療をする中で肌がボロボロに・・・。
私と同じ様なダメージを受けて悩んでいる多くの方の肌をキレイにしたい。
肌へのダメージを回復する良い手段は何がある?と考え続け、自分の今までの美容の知識と経験を活かせる場所を提供することではと強く思うようになりました。
その結果がサロンという「かたち」となり、2013年6月にセレナイトをオープンしました。
自身の病気を経て、すべての女性を更に美しくする為に活動を続けています。

美容学校卒業後、ヘアーメイクアップアーチスト活動の中で美しく作ることと同じように、美しく育てることに興味を持ち化粧品業界へ転向。

フランスのブランド「オルラーヌ」にてエステティックを学び、その後アルビオングループの「ソニアリキエル」を経て、ピアスグループでは「カバーマーク」「ケサランパサラン」にてマネージャー、スーパーバイザー、美容統括部トレーナーを兼務する。

2008年からはフランスのスキンケアエステブランド「エステダム」日本法人設立メンバーとして入社し、2013年5月まで大手エステ企業、百貨店、代理店、個人サロンへの美容知識・エステ・カウンセリング・セールスなどのスタッフトレーニング、企画運営に携わる。

延べ10万人以上のカウンセリングや美容トレーナーとしての教育経験、そして自身のがん治療体験を活かし、2013年6月にがん患者向けビューティサロン『CELENITE(セレナイト)』をオープンする。

サロン運営のほかにも、イベント活動、雑誌や企業サイトなどのコラム執筆、がんと美容についての研修・講演活動なども行う。

また現在も化粧品会社、エステブランド、美容室、美容アカデミーにて講師を務める

2015年には様々な困難を抱える人を対象とした医療や福祉の知識に基づいて行う総合的なエステティックを学び、がんだけではなく女性として楽しく前向きに生きる為のサポートも行うソシオエステティシャンの認定を受け活動しています。

これまでの活動

新聞掲載

・朝日新聞  朝日新聞 セレナイト掲載記事

・毎日新聞

・浄土宗新聞

・ハフィントンポスト日本

テレビ番組

・テレビ朝日 スーパーJチャンネル 

BS11 ウィークリーニュースONZE「ひと person」

ラジオ 番組 

・TBS土曜朝イチエンタ。堀尾正明+PLUS!「人権トゥデイ」

ワークショップ開催

・世田谷区支援センター 「在宅介護と美容の関係」

manabi asobi 逆境を乗り越える力、レジリエンスを磨く 〜折れない心と復活力〜

・CAN net 「治療中のメイクについて」

・民間学童保育施設

・民間団体

・一般企業など

情報誌・書籍

・KEA工房季刊誌kealaにてコラム掲載

・健康365 「女性みんなの外見の悩みに寄り添うエステティシャン」

・『がん患者の「知りたい!」がわかる本』 じほう出版社

サイト関連

がん患者団体HPでの体験談掲載など

チャリティ・ボランティア活動

・NPO法人パンキャンジャパン

・世田谷区高齢者施設        

家族向けサロン会

ご家族向けサロン会 in セレナイト     

医療従事者向け勉強会

看護師向け治療中メイクレッスン(個人/団体)

講演会

・2013年10月

「美しいがん患者でいよう」  MET people

・2014年3月

「自分らしいキャリアを創る」  manabi asobi

・2015年3月

「セレナイトの活動とは」  士業者の会

・2015 年5月

セレナイトPresents「がんになった時の見た目の変化と美容法」築地本願寺セミナー

・2015年8月

「”女性らしくあること” ”私らしくあること”をあきらめない」  SCORE-G 緩和医療者の会

・2015年10月

「美容相談スキルアップ講座」  NPO法人オレンジティ(婦人科がん患者会)

・2015年10月

「いのちの講演会」  がん研有明病院

・2016年1月

「がんでも美しく輝く女性でありたい」  ライフネット生命保険株式会社

・2016年3月

「美しく輝くがん患者でいよう。女性らしく、私らしく。がんを経験し美容を見つめなおした先にあったものとは・・・」  北海道大学病院

・2016年5月

「がんになっても美しく〜エステティシャンに学ぶ がん治療中から終末期までの美容のポイント」  日本赤十字社医療センター

「美しく輝くがん患者でいよう。女性らしく、私らしく・・・。」  埼玉県立がんセンター

・2016年7月

「生と死を見つめる集い 美しく輝く人生であろう ~病気を経験し、美容を見つめ直した先にあったものとは~」  公益財団法人全国青少年強化協議会 臨床仏教研究所

・2016年9月

「命の授業」  慶應義塾大学中等部

・2016年11月

「がん患者のアピアランスについて」  日本がん看護学会 研修会講師

「第50回埼玉がん緩和ケア研究会 がん患者向け美容サロンが出来るまでとその意味」  

埼玉緩和ケア研究会

・2017年1月

「がんでも輝ける毎日をおくる女性でいて欲しい。」  東北労災病院

「命の授業」  慶應義塾大学中等部

・2017年2月

「がん患者のアピアランス支援〜外見の変化と心に寄り添うケア」in三重  

三重大学医学部付属病院

さとう桜子講演会、イベントについてのご相談は「お問い合わせ」からご連絡をお願いします。

宗教や代替医療、ネットワークビジネスなどのご案内、セミナーや講演のご依頼はお断り致します。

お問い合わせ
セレナイト|がんでも美しく輝く女性でありたい。 ビューティサロン“セレナイト”
〒104-0045 東京都中央区築地2-14-6 LXS築地301
築地駅から徒歩1分・東銀座から徒歩5分・
銀座から徒歩10分
03-3542-5530(予約専用)
営業時間 9:00〜19:00 不定休・要予約